慶應オープンコースウェア
 
Google
文学部
 
経済学部
 
法学部
 
理工学部
 
国際センター
 

慶應義塾大学 へ

日本オープンコースウェアコンソーシアムへ

MIT OCW へ

 

慶應義塾OCW >> コース一覧 >> 総合政策学部・環境情報学部 

総合政策学部と環境情報学部は1990年、同じ湘南藤沢キャンパス(SFC)に誕生しました。2つの学部の垣根は非常に低く、自由に行き来して学ぶことが できます。強いて言えば、総合政策学部は「理に融合した文系」、環境情報学部は「文に融合した理系」ということになるのでしょうが、SFCではこの2つの 学部を文・理に区別して考えてはいません。実社会の問題の多くは文・理どちらか一方だけでは解決できないからです。実際、多くの理系学生が総合政策学部 に、多くの文系学生が環境情報学部に入学しています。カリキュラムの面で、情報技術科目と外国語科目の取得要件が少し異なるほかは両学部にほとんど違いは なく、どちらの学部に所属していても受けられる授業や研究会は共通です。

総合政策学部は、ひとつの学問領域だけでは解決不可能な問題を発見し、問題を解決する政策のプロフェッショナルとして社会を先導することを目指していま す。また、環境情報学部は最先端のサイエンス、テクノロジー、デザインを駆使して社会に貢献することを目指しています。現在、両学部合わせて10系列35 分野で100近くの研究活動が行われていますが、これだけ多様な分野が有機的に融合しているキャンパスは他大学・他学部では見られません。

また、 SFCではキャンパス内の講義をグローバルに共有し、学外の学習者に役立てるためのしくみとして、 KEIO UNIVERSITY SFC GLOBAL CAMPUS (SFC-GC)を提供しています。 2007年度春学期は33科目、2002年の秋学期以来の合計では334科目を提供しており、インターネット上で行う授業ビデオの視聴やレポート提出等により、キャンパスに赴くことなく慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科の授業を履修・受講し、単位を取得することが可能な e科目等履修生制度も始めています。


※ 系列・分野は学科のように所属するものではなく、研究領域をイメージしやすいよう便宜的に用いているものです。


 
利用できるコース
03B-001 インターネット概論(2005春学期)
03B-002
慶應義塾OCW トップへ>>
Creative Commons License
本サイトのコンテンツは、 クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。