course_navi
Google

慶應義塾OCW >> コース一覧 >> 理工学部 >> 有機化学第3(2008秋学期)

有機化学第3(2008秋学期)

【シラバス】

科目名 有機化学第3(合成デザイン)
学期 曜日 時限 秋学期 木曜 2限
配当課程 学士課程
学科・専攻 化学科
学年 3年生
単位数 2単位
サブタイトル 複雑な天然有機化合物の合成方法の基礎知識
内容 これまで有機化学の講義では、主として単位反応について学んできました。これらの反応の組合せにより天然、非天然を問わず、様々な生物活性あるいは機能を 有する複雑な有機化合物を合成することが出来ます。特に、多くの官能基あるいは不斉点を持つ化合物の合成においては、適切な出発物質と効率的に目的を達成 する単位反応の選択が重要な要素を占めます。本講義では、様々な有機化合物の合成の方法論を演習を交えて解説します。
授業計画 ・序 全合成の意義と方法  (1回)
・合成計画のための方法論Ⅰ
・合成計画のための方法論Ⅱ-逆合成解析-  (3回)
・炭素骨格の合成Ⅰ カルボカチオン     (2回) 
・炭素骨格の合成Ⅱ ヒドラジン       (2回)
・炭素骨格の合成Ⅲ 硫黄の化学       (3回) 
・保護基の化学               (2回) 
成績評価方法 学期末試験の結果、授業時間中に行う小テストの結果を総合して、総合点60点以上を合格点とします。
テキスト 指定なし
参考書 指定なし
質問・相談 授業終了後に受け付けます。他の時間での質問、相談は原則として最初にnisiyama@chem.keio.ac.jpに連絡してください。

【担当教員】
西山 繁

 

コーストップへ>>

慶應義塾OCW トップへ>>

Creative Commons License
本サイトのコンテンツは、 クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。