course_navi
Google

慶應義塾OCW >> コース一覧 >> 理工学部 >> 画像工学特論(2007春学期)

画像工学特論(2007春学期)

【シラバス】

学期 曜日 時限 春学期 月曜 3限
配当課程 前期博士課程(修士課程)
学科・専攻 総合デザイン工学専攻
学年 1, 2年生
単位数 2単位
サブタイトル ‘発明できる研究者・技術者を育てる’
内容

本科目では、画像工学に関する具体的な技術を取り上げ、最新の研究動向、実用化動向をわかり易く解説します。対象受講者は、この科目を受講して具体的に何かを得ようとする学生、また各自の研究に画像処理を生かしたいと願う大学院学生です! 最近ますます社会的に必要性が増大する画像技術を、画像データの取得から処理、そしてその表示や応用まで、それらの具体的な方法について教授します。 画像処理の一般論にとどまることなく、積極的に応用例を取り上げることにより、実際に使える能力の育成を図ります。

講義2回に対し1回の割合で,アイデアコンペを実施(学生による発表)します。詳細は履修者数によって変わりますが,原則として履修者全員が最低1回発表(一人5~10分)です。また、期を通じて3つのテーマでの内容あるレポートの提出を要求します(そのテーマでの講義終了後2週間以内に提出のこと)。
授業計画 1.イントロダクション
  ・本講義の方針
  ・講義予定
  ・成績評価方法
2.第1回講義:「署名照合」
  ・紙に書かれた署名のオフライン自動照合
3.第2回講義:「個人の癖を反映したフォントの自動生成」
  ・書字行為における癖情報の定量化
  ・癖情報を反映した手書きフォントの自動生成
4.アイデアコンペ ① 学生発表
  ・テーマ:「文字に表れる個人の癖の定量化法」または「その応用」に関する提案
5.第3回講義:「道路交通標識の認識」
  ・車載カメラによる道路標識の認識
  ・車載カメラによる交通信号の認識
6.第4回講義:「車載カメラによる前方及び後方監視と運転の質の定量化」
  ・車載カメラによる車両前方の監視、「運転の質」の評価
  ・交通事故の自動解析 
7.アイデアコンペ ② 学生発表
  ・テーマ:「道路交通標識の認識法」、「車載カメラによる前後方監視と運転の質の定量化法」、「事故児童解析法の提案 
8.第5回講義:救急対応画像センシングシステム
  ・トイレ、バスルーム、寝室等における家庭内事故監視・通報システム
9.第6回講義:就寝時の呼吸モニタリング
  ・睡眠時無呼吸症(SAS)等、就寝時呼吸障害の診断システム
10.アイデアコンペ ③ 学生発表
  ・テーマ:「家庭内事故の監視法」または「非接触・無拘束呼吸モニタリング法」の提案
11.第7回講義:「デジタルカメラ画像の画質改善」
  ・デジタルカメラで撮影した画像の画質改善
12.第8回講義:「新しい高画質デジタルカメラ」
  ・高画質デジタルカメラ及びデジタルビデオカメラの開発
13.アイデアコンペ ④ 学生発表
  ・テーマ:「デジタルカメラの画質改善法」または「新しい高画質デジタルカメラ」に関する提案
履修者への
コメント

中島 真人 先生からのメッセージ:

この講義は,‘発明のできる若い技術者・研究者’を育てようと思って行う講義です!
科学技術は,‘早熟’を許すものです! 大いなる‘夢’と‘希望’を持ち,この講義で学んでください! したがって,この講義は‘楽勝講義’ではありません!

猶,画像工学の基礎を学びたい学生諸君には、学部3年生向けに開講している「画像工学」(春学期火曜日第2限)受講をお勧めします。
成績評価方法 アイデアコンペでの発表とレポートの内容に基づいて成績を評価します。毎回出欠をとります(10分以上の遅刻は、欠席とします!)また,やむをえない場合(病欠、学会発表のための出張など)を除き、3分の1を超えて欠席があった場合には単位を与えません。
テキスト なし(ただし、講義で使用したPower PointファイルをPDF化し、講義終了後中島研究室ホームページ上に掲載します)。
参考書 なし

【担当教員】
中島 真人

 

コーストップへ>>

慶應義塾OCW トップへ>>

Creative Commons License
本サイトのコンテンツは、 クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。