慶應オープンコースウェア
 

course_navi

Google
慶應義塾OCW >> コース一覧 >> 経済学部 >> 日本経済史(2004春学期)
日本経済史(2004春学期)
【テーマ15:日本の「公式」「非公式」帝国:台湾・朝鮮・満州】

1 「台湾経営」
  (1)台湾領有の経済的意味:米と砂糖
  (2)台湾財政の独立
     台湾銀行/児玉源太郎と後藤新平/土地調査事業/縦貫鉄道の建設
  (3)糖業の発展
     台湾製糖の設立/総督府の保護政策/原料採取区域制度/モノカルチュア化

2 朝鮮
  (1)日朝経済関係
     日朝修好条規(1876年)/綿製品の再輸出と大豆・金の輸入/「綿米交換」体制
  (2)植民地化の進展
     日韓協約(第1次~第3次)/ハーグ密使事件/「日韓併合」
  (3)統監府・総督府の経済政策
     土地調査事業/日本資本の進出/東洋拓殖会社/日本人地主の増加

3 「満州経営」
  (1)南満州鉄道会社(満鉄)の設立(1906年)
  (2)満鉄の事業活動:鉄道と炭鉱


ページトップへ>>

 
←前へ
講義一覧に戻る
次へ→

コーストップへ>>

慶應義塾OCW トップへ>>

Creative Commons License
本サイトのコンテンツは、 クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。