慶應オープンコースウェア
 

course_navi

Google

慶應義塾OCW >> コース一覧 >> 経済学部 >> 日本経済史(2004春学期)

日本経済史(2004春学期)

【シラバス】
経済学部の基本科目、日本経済史では、17世紀の徳川幕府の成立前後から1970年代までのおよそ400年間の日本経済の変化をマクロ的に概観する。この講義では、最近の研究動向にもふれながら、日本の経済発展を可能にした国際的・国内的な環境や、その発展のメカニズムの解明に重点をおき、民間企業の動向、政府の経済政策・外交政策・金融政策・産業政策などを総合的に考察する。

この講義の特色は、毎回設定したテーマについて、授業のホームページで公開されている講義のレジュメを参考にして、Web上で配信される講義の予習を前提とするもので、実際の授業では特定のテーマに関する講義、グループ・ディスカッションおよびグループ・プレゼンテーション,ビデオ鑑賞を行う。

講義は、テキストだけではなく、関連の画像・図表などにより、視覚的にも歴史的イメージがつかめるように心掛けている。

成績評価はリポート、プレゼンテーション、小テスト、出席などによって総合的に確認する。

【担当教員】
杉山伸也

 

コーストップへ>>

慶應義塾OCW トップへ>>

Creative Commons License
本サイトのコンテンツは、 クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。