慶應オープンコースウェア
 

course_navi

Google
慶應義塾OCW>> コース一覧 >> 経済学部 >> 経済史II(2004秋学期)
経済史II(2004秋学期)
【テーマ02:アジア域内貿易と「大航海時代」】
1 近代ヨーロッパの誕生
  (1)「大航海時代」
     「東方の富」/オスマン・トルコの台頭/「インド航路」の発見
  (2)国民国家の形成
     封建制から資本制へ/絶対王政の成立/中央集権国家の形成/官僚制と常備軍/
     フェリペ2世とエリザベス1世/重商主義政策/領土拡張と財政膨張

2 アジア域内貿易の構造
  (1)貿易圏:インド洋と南シナ海・東シナ海
     貿易中心地マラッカ/モンスーン(季節風)/アジアとヨーロッパ
  (2)交易品
     香辛料・綿織物・米・生糸・陶磁器・絹織物

3 ヨーロッパ諸国のアジア進出
  (1)ポルトガル
     マラッカ占領/モルッカ諸島(香料諸島)進出
  (2)スペイン
     マニラ建設/メキシコ銀の流入/オランダ独立戦争/リスボン港封鎖
  (3)オランダ東インド会社の設立(1602年)
     「17人会」/貿易独占権と国家主権の代行/バタヴィア建設(1619年)/
      アンボイナ事件(1623年)/マラッカ占領(1641年)/貿易品(胡椒と香辛料)/
      資金調達のメカニズム

4 アジア貿易とヨーロッパ社会の変容
     「価格革命」/「商業革命」/「生活革命」/「科学革命」

ページトップへ>>

  ←前へ
講義一覧に戻る
次へ→

コーストップへ>>

慶應義塾OCW トップへ>>

Creative Commons License
本サイトのコンテンツは、 クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。