慶應オープンコースウェア
 

course_navi

Google
慶應義塾OCW>> コース一覧 >> 経済学部 >> 経済史II(2004秋学期)
経済史II(2004秋学期)
【テーマ03:イギリスとインドの植民地化】

1 イギリス東インド会社の設立(1600年)
  (1)東インド会社設立の背景
     毛織物輸出の不振/レヴァント会社
  (2)初期の東インド会社
     インド経営への転換/毛織物販売と綿布買い付け/商館の設置/
     マドラス・ボンベイ・カルカッタ

2 ムガール帝国の弱体化と英仏抗争
  (1)ムガール帝国
     アウラングゼブ帝(1658~1707年)/版図拡大と国内の反乱/マラータ同盟
  (2)インドの政治的分裂と英仏の抗争
     商業覇権をめぐる英仏抗争/フランス東インド会社/
      カーナティック戦争(1744~61年)

3 ベンガルの植民地化とイギリスの統治政策
  (1)ベンガルの植民地化
     プラッシーの戦い(1757年)/地税請負権(ザミーンダーリー)/ディーワーニー
  (2)ベンガル財政と「本国費」
     「本国費」/綿布・生糸の買付/「国富流出論」(Drain Theory)
  (3)徴税制度
     ザミーンダーリー制/ライーヤトワーリー制/マハールワーリー制
  (4)統治政策の転換と植民地支配の拡大
     東インド会社の財政赤字とインド統治法/マイソール戦争(1767~99年)/
      マラータ戦争(1775~1818年)/インド植民地化の要因
  (5)東インド会社の終焉(1833年)
     貿易独占廃止と商業活動停止/シパーヒーの乱から直接統治へ



 

ページトップへ>>

  ←前へ
講義一覧に戻る
次へ→

コーストップへ>>

慶應義塾OCW トップへ>>

Creative Commons License
本サイトのコンテンツは、 クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。