慶應オープンコースウェア
 

course_navi

Google
慶應義塾OCW>> コース一覧 >> 経済学部 >> 経済史II(2004秋学期)
経済史II(2004秋学期)
【テーマ04:近世の東アジア-中国と日本の国際環境-】

1 「転換期」の東アジア
     明朝から清朝へ/徳川幕府の成立/商業(交易)ブームと国家形成/
     世界経済システムの形成

2 中国
  (1)明代(1368~1644)の対外貿易
     「海禁」政策と倭寇/鄭和の遠征/朝貢(冊封)システム=華夷秩序の形成/
      朝貢システムの構造/琉球貿易/「海禁」政策の転換
  (2)対外貿易と国内経済
     明代の経済/「北虜南倭」/日本銀とメキシコ銀の流入/租税制度の転換(一条鞭法)
  (3)清代(1616~1911)の対外貿易
     康熙帝・雍正帝・乾隆帝の時代/対ヨーロッパ貿易の開始/広州と公行

3 日本
  (1)アジア域内貿易と近世日本
     貿易品としての銀/「南蛮貿易」/南洋日本人町の形成
  (2)徳川幕府と「鎖国」
     『華夷変態』/中国・朝鮮・琉球との関係/朝鮮通信使/「両属」体制/
      貿易とキリスト教/鎖国令の強化/「日本型華夷秩序」の形成
  (3)「鎖国」と貿易
     長崎・対馬・琉球・松前ルート/輸出品:銀→銅→水産物(俵物)/
      輸入品:生糸・絹織物/「鎖国」の評価

ページトップへ>>

  ←前へ
講義一覧に戻る
次へ→

コーストップへ>>

慶應義塾OCW トップへ>>

Creative Commons License
本サイトのコンテンツは、 クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。