慶應オープンコースウェア
 

course_navi

Google
慶應義塾OCW>> コース一覧 >> 経済学部 >> 経済史II(2004秋学期)
経済史II(2004秋学期)

【テーマ08:19世紀後半~第一次世界大戦期の世界経済とアジア
       -「パクス・ブリタニカ(Pax Britannica)」の時代-】

1 国際経済システムの構造
     「世界の工場」「世界の海運」「世界の銀行」/重商主義から自由貿易主義へ/穀物法と航海法の廃止/イギリスの国際収支/資本収支と貿易外収支/欧米諸国の工業化/世界貿易の拡大

2 国際金本位制の確立
     国際金融の中心地ロンドン・シティ/マーチャント・バンカー/金本位制の確立/多角的決済機構の形成/「ジェントルマン資本主義」

世界の工業生産額にしめる主要国のシェア(%)
イギリス フランス ドイツ ロシア アメリカ 日本
1840 21 18 17 - 5 -
1870 32 10 13 4 23 -
1896/1900 20 7 17 5 30 1
1913 14 6 16 6 36 1
(W.W.Rostow, The world economy, London: Macmillan, 1979)


ページトップへ>>

  ←前へ
講義一覧に戻る
次へ→

コーストップへ>>

慶應義塾OCW トップへ>>

Creative Commons License
本サイトのコンテンツは、 クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。