慶應オープンコースウェア
 

course_navi

Google
慶應義塾OCW>> コース一覧 >> 経済学部 >> 経済史II(2004秋学期)
経済史II(2004秋学期)
【テーマ09:東南アジア経済のモノカルチャー化とアジア経済の再編成】

1 欧米市場向け一次産品の開発
  (1)マラヤにおける錫鉱山の開発とゴム・プランテーション
     イギリス資本の進出/スタムフォード・ラッフルズ/ブリキ・ゴム需要の増加/
     資本と労働力
  (2)オランダ領東インドのプランテーション:ジャワの砂糖とスマトラのゴム
      強制栽培制度/植民地政策の転換/ゴム需要の増加/資本と労働力

2 東南アジア大陸部の水田開発
  (1)イギリスによるイラワジ・デルタの開発(下ビルマ)
  (2)フランスによるメコン・デルタの開発(インドシナ)
  (3)チャオプラヤ・デルタの開発(タイ)
     ラーマ4世/ラーマ5世(チュラロンコン)
  (4)米の生産・流通構造
     米輸出への特化/インフラ整備/生産(資本と労働力)・流通の担い手

3 世界経済の統合化の進展とアジア経済の再編成
  (1)輸出商品生産への特化とアジア域内貿易の発展
     欧米向商品(錫・ゴム・コーヒー)/アジア域内向商品(米・砂糖)
  (2)アジア域内における地域的分業の進展
     移民労働力/一次産品生産と食糧(米)・工業品(繊維製品)の供給


ページトップへ>>

  ←前へ
講義一覧に戻る
次へ→

コーストップへ>>

慶應義塾OCW トップへ>>

Creative Commons License
本サイトのコンテンツは、 クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。