慶應オープンコースウェア
 

course_navi

Google

慶應義塾OCW >> コース一覧 >> 経済学部 >> 近代日本と福沢諭吉(2004秋学期)

近代日本と福沢諭吉(2004秋学期)
近代日本と福沢諭吉 【担当教員】
小室正紀
平野隆
松崎欣一
岩谷十郎
小野修三
樽井正義
西澤直子

【コース・ガイド】
慶應義塾の創立者・福澤諭吉について研究することは、そのまま日本の近代化について考える大きなカギとなります。福澤が投げかけた近代化の課題は、19世紀以降の日本を含む世界中の後発国が直面した問題でした。ゆえに、福澤諭吉に関する研究は狭く日本の内部にとどまるものではなく、例えばアジアの近代化を考えることに直接的にも間接的にもつながってゆきます。慶應義塾福澤研究センター*の所員が講義を担当する 「近代日本と福沢諭吉」をつうじて、福澤諭吉や慶應義塾を視野においた近代日本史への関心を喚起し、21世紀の世界にとって福澤諭吉の業績がいかなる意味をもっているかを考える機会を提供します。

*慶應義塾福澤研究センター:1983年に義塾創立125年を記念して旧図書館内に設立された研究所。福澤諭吉および慶應義塾に関する資料の収集・整理・保管のほか、福澤諭吉と慶應義塾を視野においた近代日本の研究も実施している。

[講義]秋季 12回
週1回 各1.5時間

[レベル]学部学生(実際は経済学部1-2年生の選択科目)

[フィードバック]
ご意見はこちらまでお寄せください。

 

コーストップへ>>

慶應義塾OCW トップへ>>

 
Creative Commons License
本サイトのコンテンツは、 クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。