慶應オープンコースウェア
 

course_navi

Google

慶應義塾OCW>> コース一覧 >> 経済学部 >> 近代日本と福沢諭吉(2004秋学期)

近代日本と福沢諭吉(2004秋学期)

【テーマ02:福沢諭吉と慶應義塾】

● 講義概要
福澤諭吉にとって慶應義塾の経営はその生涯最大の事業であった。「福澤書簡」と『福翁自伝』を読むことを軸とし、関連する義塾史に関する基本的な史料を概観することによって、福澤が義塾の創設と経営にかけた思いの軌跡をたどってみたい。取り上げる予定事項はおよそ次のとおりである。

1 原点
  (1)江戸出府と三度の海外経験
  (2)「慶應義塾之記」
  (3)「杜中之約束」
  (4)「学校之説」

2 経営の危機と克服-学制改革-
  (1)明治十年代前半期
  (2)明治十年代後半期
  (3)大学部創設

3 晩年の福澤と慶應義塾
  (1)大学部存廃問題
  (2)明治29年11月1日慶應義塾故老生懐旧会
  (3)『福翁自伝』の執筆と『福澤全集』の編纂

☆参考文献
   山住正己編『福澤諭吉教育論集』 岩波書店 (岩波文庫)、1991
   山住正己「『福澤諭吉選集』第3巻 解説」
     富田正文・土橋俊一編『福沢諭吉選集』第3巻、岩波書店、1980 所収
   松崎欣一「気品の泉源・智徳の模範-福澤諭吉と馬場辰猪-」
     『慶應義塾志木高等学校研究紀要』第26巻(再録『福澤年鑑』第23巻)、1996
   松崎欣一「明治十年代前半期慶應義塾入社生の軌跡」
     松崎欣一『三田演説会と慶應義塾系演説会』慶應義塾大学出版会、1988、第Ⅳ章 所収
   松崎欣一『福澤書簡に見る明治十年代後半の慶應義塾』(福澤記念選書66)、2002


ページトップへ>>

 
←前へ
講義一覧に戻る
次へ→

コーストップへ>>

慶應義塾OCW トップへ>>

Creative Commons License
本サイトのコンテンツは、 クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。