慶應オープンコースウェア
 

course_navi

Google

慶應義塾OCW >> コース一覧 >> 経済学部 >> 日本経済史(2008春学期)

日本経済史(2008春学期)
【テーマ10:1870年代の政治と経済ー「大隈財政」の展開ー】

1 1870年代前半期の経済政策
  (1)岩倉使節団(1871~73年)
     久米邦武『特命全権大使米欧回覧実記』/大久保の欧米認識の転換
  (2)「大久保体制」の成立
     内務省の創設(1873年)/「内地充実」と「民業振興」/
     貿易収支不均衡と正貨流出/「輸出振興・輸入防遏」/
      内務省(在来産業の振興)と工部省(輸入代替化)/三菱海運業の発展

2 1870年代後半期の政治と経済
  (1)西南戦争の勃発(1877年)
     不換紙幣の増発/銀紙格差の拡大
  (2)大隈の現状認識と経済政策
     銀貨不足か,紙幣整理か/長期政策と短期政策/漸進主義から外債発行へ
  (3)明治14年の政変
     経済政策と国会開設をめぐる対立/北海道開拓使官有物払下げ事件/日本郵船の誕生


ページトップへ>>

 
←前へ
講義一覧に戻る
次へ→

コーストップへ>>

慶應義塾OCW トップへ>>

Creative Commons License
本サイトのコンテンツは、 クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。