慶應オープンコースウェア
 

course_navi

Google

慶應義塾OCW >> コース一覧 >> 経済学部 >> 日本経済史(2008春学期)

日本経済史(2008春学期)

【テーマ22:戦後改革から高度経済成長の時代へ】


1 戦後改革とその評価
  (1)「太平洋戦争」前後の連続と断絶
     日本型経済システムの源流/
     日本的労使関係(終身雇用・年功序列賃金・企業別労働組合)/
      メインバンク制度/系列化/政府・企業間関係/官僚層の連続性
  (2)アメリカによる経済民主化政策とその評価
     アメリカの対日理解/財閥解体/農地改革/労働改革

2 経済復興から高度経済成長へ
  (1)戦後の経済復興
     ストックの重要性(資産と技術)/石炭産業とエネルギー危機/
     傾斜生産方式(石炭と鉄鋼)/対日政策の転換/経済安定九原則/
     ドッジ・ライン/産業合理化政策/高炭価問題
  (2)高度経済成長の時代へ
     朝鮮戦争特需/産業政策と金融システム/エネルギー政策の転換(石炭から石油へ)/
     国際社会への復帰(IMF・世界銀行・GATT)/「1955年体制」の成立/
      貿易収支と貿易構造の変化


ページトップへ>>

 
←前へ
講義一覧に戻る

コーストップへ>>

慶應義塾OCW トップへ>>

Creative Commons License
本サイトのコンテンツは、 クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。