慶應オープンコースウェア
  coutse_navi
Google

慶應義塾OCW >>コース一覧 >> 経済学部>> PUBLIC POLICY AND LAW(PCP)(2007秋学期)

PUBLIC POLICY AND LAW(PCP)(2007秋学期)

異文化コミュニケーション1 【担当教員】

塩澤 修平

佐藤 正弘

【コース・ガイド】

本コースは,組織の社会的責任(Social Responsibility (SR))と持続可能な発展を巡る諸問題を取り扱う。 講義においては,まず,20世紀における社会的責任概念の歴史的変遷をたどりながら,その社会経済的及び理論的背景を概観する。 その後,持続可能な発展に対するリスクと脅威の増大に応じて生じた,我が国及び国際社会における社会的責任を巡る最新の動向について触れ,国際標準化機構(ISO)等による社会的責任の規格化の動向,自主行動基準・社会的責任報告書・ラベリング・社会的責任投資(SRI)等の実践的なツールの発展,民間のインセンティヴを諸々の社会目的達成に活用する政策枠組み等について議論する。この中で特に,様々な国際的マルチステークホルダー・イニシアティヴに焦点を当て,組織の透明性と説明責任に基礎をおく新しい公共統治モデルについて検討する。なお,議論の過程では,適宜,様々な組織による社会的責任の実際の取組事例を取り上げ,検討する。
また,政府やシンクタンク,NGOなど様々な立場から社会的責任や現実の政策過程に携わる実務家を招き,議論を行う。これを通じて,講義で取り扱ったトピックについての彼らの視点を学ぶとともに,学生によるプレゼンテーションの参考とする。

[講義]秋季(10~3月)13回

[レベル]学部学生

[フィードバック]
ご意見はこちらまでお寄せください。

コーストップへ>>

慶應義塾OCW トップへ>>

Creative Commons License
本サイトのコンテンツは、 クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。