慶應義塾オープンコースウェア
Google

慶應義塾オープンコースウェアについて

オープンコースウェア 公開情報一覧|慶應OCW

講義ノート一覧→

講義ビデオ一覧→

【コース公開組織】

慶應OCW|文学部矢印

慶應OCW|経済学部矢印

慶應OCW|法学部矢印

慶應OCW|理工学部矢印

薬学部矢印

慶應OCW|国際センター矢印

慶應義塾大学 矢印

日本オープンコースウェアコンソーシアム 矢印

MIT OCW 矢印

OCW国際コンソーシアム 矢印

booklet

 

慶應義塾OCW >>学問のすゝめ21>>名古屋会場
 

学問のすすめ21|慶應OCW

150
 

【学問のすゝめ21】とは

2008 年、慶應義塾が日本の近代総合学塾として初めて創立150 年を迎えるにあたり、全国13ヶ所で1年間にわたり記念講演会「学問のすゝめ21」を開催しました。この講演会シリーズでは、これからのライフスタイル、地域活性、環境問題、少子高齢化社会、国際関係など、私たちの暮らしを取巻くさまざまな課題をテーマ として設定しています。義塾の第一線の研究者とさまざまな分野で活躍している塾員を講演者として、ひとつのテーマに複数の視点から光を当てることで、参加者にいろいろな考えに触れ、新たな発見や学びの楽しさを実感していただくことを目指しています。高質なアカデミズム、現代社会の最先端の現場における実践的知識と見解、福澤諭吉の志を現代に生かすことなどを盛り込んだ、義塾ならではの講演会です。

開催地は、東京、福岡、広島、札幌、仙台、京都、静岡、名古屋、鹿児島、岡山、金沢、高松、大阪です。 ひとりでも多くの方にこの講演会シリーズを聴講いただけるよう、 当日の記録映像の配信を開始いたしました。

このページは2月2日(土)に中京大学文化市民会館(愛知県名古屋市)で行われた第8回の講演会のページです。

バー

講演会テーマ   「アートのある生活 ―感性をみがく―」

「アート」・「芸術」ということばには、概して高尚で敷居が高く難解なイメージがつきまとう。それゆえ「アート」に触れるためには、特別な訓練や勉強が必 要であるとの思いこみが強い人も多い。しかし、「アート」に触れるために大切なことは、既成・定型的な価値観や知識を学ぶことではなく、日々生活を送るな かでそれぞれの感性や視点を育み、五感で「感じる」ことをそのまま受け入れることである。「アート」は今を生きるためにすぐに必要なものではないが、 「アート」があるからこそ人生の幅が広がることはある。モノも情報も溢れる現代だからこそ、身近に「アート」に触れ、愉しみ、豊かな感性を育む生活が、い ま求められているのではないか。本講演会では多彩な「アート」のカタチやさまざまな視点からのアートとの付き合いかた、などについて考察する。

【開催概要】

  • 日程: 2008年2月2日(土)
  • 場所: 中京大学文化市民会館 プルニエホール(旧 名古屋市民会館 中ホール)
  • 主催: 慶應義塾
  • 共催: 中日新聞社
  • 後援: 愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会
  • 特別協力: 名古屋三田会

講演会模様

講演ビデオ(下記のNoをクリックしてご覧下さい。)

ブロードバンド ナローバンド
概要
開会挨拶(工藤常任理事)

「創造社会におけるメディアデザイン」

稲蔭 正彦(慶應義塾大学 環境情報学部教授/
メディアデザイン研究科委員長(2008年4月開設予定))

「美術館が街を変える」

蓑 豊(サザビーズ北米本社 副会長
金沢21世紀美術館 特任館長
大阪市立美術館 名誉館長)

ミニリサイタル

< 曲目 >
間宮 芳生: 風のしるし・オッフェルトリウム(舘野泉に献呈)
プレスト(さわがしく)        -アレグロ・ノン・トロッポ(透明に)
モデラート(山にいて夜毎鳴く鳥の声・・・)
-アンダンテ・アンティクァト
「三つの聖詩」より 第1曲 アレグレット・トランクィロ
「三つの聖詩」より 第2曲 アダージョ 
小さなシャコンヌ
林 光: 花の図鑑・前奏曲集(舘野泉に献呈)
ヒメエゾコザクラ
イヌタデ
イヌノフグリ
サンザシ
ハス
ツリフネソウ
フキ
ノイバラ

舘野 泉 (ピアニスト)

パネルディスカッション

「アートのある生活」

コーディネーター
     鷲見 洋一(慶應義塾大学 名誉教授中部大学 人文学部教授)

全ての講演を一括再生

学問のすすめ21公式Webサイトは <<こちら>>

名古屋会場の講演が本になりました。購入は<<こちらから>>

 

講師略歴

稲蔭 正彦

稲蔭 正彦 (イナカゲ マサヒコ)
【略歴】
慶応義塾大学環境情報学部教授 兼 政策メディア研究科委員。メディアデザイン研究科委員長(2008年4月開設予定)。 <詳細はこちら>

蓑 豊

蓑 豊 (ミノ ユタカ)
【略歴】
1965年慶應義塾大学文学部卒業後、1977年ハーバード大学(米国)文学博士号取得。2007年4月より、金沢21世紀美術館特任館長、大阪市立美術館名誉館長。また同年5月にサザビーズ北米本社副会長に就任。<詳細はこちら>

舘野 泉

舘野 泉(タテノ イズミ)
【略歴】
1936年東京生まれ。60年東京芸術大学を首席で卒業。64年よりヘルシンキ在住。68年メシアン・コンクー ル第2位。同年よりフィンランド国立音楽院シベリウス・アカデミーの教授をつとめる。<詳細はこちら>

コーディネーター

鷲見 洋一

鷲見 洋一(スミ ヨウイチ)
【略歴】
1941年生まれ。慶應義塾大学文学部仏文科卒業。同大学大学院博士課程修了。モンペリエ大学大学院博士課程修了。文学博士。慶應義塾大学文学部教授(フランス文学専攻)、同大学アート・センター所長を経て、現在、中部大学人文学部教授(歴史地理学科)<詳細はこちら>

 

バー

 
ご意見
慶應義塾OCW トップへ>>
 
Creative Commons License
本サイトのコンテンツは、 クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。