慶應オープンコースウェア教員紹介
 
Google

慶應OCW|文学部→

慶應OCW|経済学部→

慶應OCW|法学部→

慶應OCW|理工学部→

慶應OCW|国際センター→

 

慶應義塾OCW >>教員紹介>>細田衛士

【教員紹介】

細田衛士(ほそだ・えいじ)

慶應義塾大学経済学部教授、慶應義塾大学前経済学部長。
理論経済学を根幹に、近年、問題となっている廃棄・汚染を経済学の立場から解決する環境経済学を推進する。学際的な分野である環境経済学の理論構築のために、環境経済・政策学会、環境科学会、廃棄物学会、日本経済学会に所属し、多様な領域を横断した研究を行う。従来の生産や労働、販売や消費などを中心に構想されてきた経済学は、栄養を身体に配分する動脈的な経済と例えられ、一方で老廃物を処理する静脈的な経済が明らかにならなければ、経済学は体系として完成しない。こうした観点から、動脈系と静脈系の2つの経済系のバランスに注目し、とくに、“goods”(グッズ)とされてきたモノを “goods and bads”(グッズ・アンド・バッヅ)へと拡張して考えることを提唱している。

主な著書

The Elgar Companion to Classical Economics ; Edward Elgar Publishing Ltd. ; ; ; ; 1997
グッズとバッズの経済学 ; 東洋経済新報社 ; ; ; 1999
経済変動論 ; 慶應通信(現慶應大学出版会) ; ; ; 1995/04
持続可能性の経済学 ; 慶應大学出版会 ; ; P.25-49 ; 1996/04
開花するフィランソロピー ; TBSブリタニカ ; ; P.86-110 ; 1993/01
マクロ経済学 ; 八千代出版 ; ; P.213-236 ; 1993/04
地球環境経済論(上下) ; 慶應通信(現慶應大学出版会) ; ; V.下巻/P.269-267 ; 1992/02
地球環境キーワード ; 有斐閣 ; ; ; 1994/09
画期的・世界で二番目の挑戦 -家電リサイクル法の意義と将来展望- ; じゅん刊世界と日本(内外ニュース) ; ; ; V.No.900 ;
拡大生産者責任の経済学 ; 循環型社会の制度と政策 ; ; ; P.103-130 ; 2003/05/28
環境経済・政策のフロンティア ; 東洋経済新報社 ; ; ; 1996
新しい産業技術と社会システム ; 日科技連 ; ; ; ; 1996/05

講義トップへ>>

慶應義塾OCW トップへ>>

Creative Commons License
本サイトのコンテンツは、 クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。