慶應オープンコースウェア
 

coutse_navi

Google

 

慶應義塾OCW >>コース一覧 >> 法学部 >> 現代国際政治II ―アジア冷戦史における朝鮮戦争とベトナム戦争(2004春学期)
現代国際政治II ―アジア冷戦史における朝鮮戦争とベトナム戦争(2004春学期)

【テーマ10:冷戦のなかのインドシナ戦争】


1 問題の所在
   ―冷戦と第三世界(第三世界の意味)/植民地地域、元植民地地域に対する冷戦の影響

2 西側世界の悪夢
   (1) 第三世界における冷戦敗北の可能性
   (2) ナショナリズムと共産主義
   ―植民地独立運動と共産主義勢力の連携への懸念/
    ナショナリストかスターリン主義者か/抑圧者としての西側

3 第三世界における共産主義の魅力
   (1) 開発モデルとしてのマルクス=レーニン主義
   (2) 大国と小国: 影響力の相互作用
   (3) 冷戦の第三世界への転移とアメリカのジレンマ

4 アメリカの反植民地主義
   (1) FDRの卓見: 植民地主義は未来の潮流ではない
   (2) アメリカへの期待と幻滅
   (3) アメリカ外交政策における冷戦思考の優越

5 中ソによる革命の輸出
   (1) ソ連の態度の評価: 受動的か能動的か?
   (2) 中国革命の衝撃
   (3) スターリン、毛沢東、ホー・チ・ミン

6 中国とインドシナ戦争
   (1) ホー・チ・ミンの中国への援助要請と中国の軍事顧問派遣(1950年4月)
   (2) ディエン・ビエン・フーの勝利と朝鮮共産主義者の失敗
   (3) ジュネーヴ協定の成立と中ソ




ページトップへ>>

  ←前へ
講義一覧に戻る
次へ→

コーストップへ>>

慶應義塾OCW トップへ>>

Creative Commons License
本サイトのコンテンツは、 クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。