慶應オープンコースウェア
 

coutse_navi

Google
慶應義塾OCW >>コース一覧 >> 法学部 >> 現代国際政治II ―アジア冷戦史における朝鮮戦争とベトナム戦争(2004春学期)
現代国際政治II ―アジア冷戦史における朝鮮戦争とベトナム戦争(2004春学期)

【テーマ12:アメリカのベトナム戦争】


1 アメリカの最も長い戦争
   ―1961年から1973年(12年間)

2 ベトナム戦争への疑問
   (1) なぜ介入したのか
   (2) なぜ失敗したのか 目的: 独立した非共産主義ベトナムの保全

3 戦争に至る因果関係
   (1) 巨視的な見方: 植民地システムの崩壊と冷戦
   (2) アメリカの国内事情 
   (3) アメリカ介入の理由

4 大規模軍事介入以前の時期の重要性―失敗の累積―
   (1) 1950年―1954年 対仏援助(戦費の8割を負担)
   (2) 1955年―1959年 仏の撤退を支援、南ベトナム政府に単独政治関与の開始
   (3) 1959年―1965年 反乱鎮圧のための
                南ベトナム政府に対する経済・軍事援助の増大

5 独立した非共産主義南ベトナム維持の失敗
   (1) 達成不可能な課題
   (2) ネイション・ビルディング(国家建設)の問題
   (3) 南ベトナムのリーダーシップ

6 北ベトナムの関与と誤算

7 アメリカの戦争戦略の錯誤
   (1) 北爆
   (2) 南ベトナムにおける地上戦
   (3) アメリカ国内
   (4) 1968年のテト攻勢
   (5) ニクソン政権とパリ和平協定

8 戦争の分析
   (1) 南のリーダーシップ
   (2) no-win situation

9 戦争の影響
   (1) ベトナム
   (2) アメリカ外交政策




ページトップへ>>

  ←前へ
講義一覧に戻る

コーストップへ>>

慶應義塾OCW トップへ>>

Creative Commons License
本サイトのコンテンツは、 クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。