慶應オープンコースウェア
 

course_navi

Google

慶應義塾OCW >> コース一覧 >> 文学部 >> 近代日本人生成史 ―近代における移動・移住と日本人のアイデンティティ(2004春‐秋学期)

近代日本人生成史 ―近代における移動・移住と日本人のアイデンティティ(2004春‐秋学期)
【テーマ06:葬送 II〈リマ市における埋葬形態変化と心性〉】

☆初期移民の生活ストラテジーと心性-

1.墓標研究の多様性
  美術史、人類学、民俗学、家族史、生活史、社会史、政治史、思想史等

2.海外における日本人墓標研究の意味
  文化変容
      →日本人アイデンティティの生成・再編
  社会上昇  

3.耕地における埋葬
  耕地の日本人墓地(明治40年頃)
  慈恩寺における葬儀
  カーサ・ブランカ日本人墓地

4.日本人移民のリマへの移動と葬送
  リマ市内における葬列
  プレスビテロ・マエストロ墓地ニッチョ(一時埋葬)

5.戦前期のリマにおける埋葬形態
  マウソレオ mausoleo
  ニッチョ   nicho
    一時埋葬 nicho temporal
    永代埋葬 nicho perpetuo
  フォッサ fosa común

6.墓標調査の方法
  墓碑調査(慈善協会墓地・区営墓地・私営墓地)
  文書調査
    慈善協会文書
      墓地関係記録
       埋葬記録
       改葬記録
       会計記録
      病院関係文書
      協会関係文書
    区役所文書・会社文書・「真」営業文書

7.埋葬形態の変遷
  一時埋葬〉永代埋葬
  (イタリア人・中国人集団との比較) 
  遺骨携帯ニ関スル証明願

8.現在の墓地
  墓参形態
  沖縄系の家族墓(サンタ・クララ共同墓地)
  天理教リマ教会の埋葬
  80周年事業における史料館設立と日本人墓地の改修
  日本人墓地計画(100周年事業)→失敗

ページトップへ>>

 
←前へ
講義一覧に戻る
次へ→

コーストップへ>>

慶應義塾OCW トップへ>>

Creative Commons License
本サイトのコンテンツは、 クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。