慶應オープンコースウェア
 

course_navi

Google

慶應義塾OCW >> コース一覧 >> 文学部>> 近代日本人生成史 ―近代における移動・移住と日本人のアイデンティティ(2004春‐秋学期)

近代日本人生成史 ―近代における移動・移住と日本人のアイデンティティ(2004春‐秋学期)
【テーマ10:近代日本人 II〈村落と家〉】

☆村・家・人 -村落における関係性の構造-

1.家族制度の研究
   家族:社会の基礎単位
   家制度:家父長制論
         日本的特質論
    家族制度研究
      唯物論的分析・家族の「形」
      家族構造論・形態論
        ↓
     家族観の分析・家族の「質」
     制度・規範・イデオロギー

2.近代における家制度
   家父長制 → (家族国家論)
    (長子)単独相続制と分家・同族団
   家産
   家業
   家名(家格)
     祖先祭祀
     系譜(嫡系)祖先と出自祖先

3.村落と家
  前近代
   単婚小家族化
   家内部での役割分担
   分家の志向
  近代
   核家族化の進展
   ライフサイクルによる役割変化
    家父長制的イデオロギー
    立身出世のイデオロギー
      →近代国家の国民形成

4.同族結合と講組結合
  同族結合      講組結合    
   垂直的結合     水平的結合(年齢階梯性)
   血縁的結合     地縁的結合
   本家・分家      講中・葬式組
   (研究史:戸田貞三・有賀喜左衛門・福武直・磯田進・岡正雄)

5.大堂家と蓑田家(野中家)〈出自祖先と嫡系祖先〉
  大堂家系図
  嫡系祖先
  宗門人別御改帳・過去帳・墓碑
   大堂家・蓑田家・野中家

ページトップへ>>

 
←前へ
講義一覧に戻る
次へ→

コーストップへ>>

慶應義塾OCW トップへ>>

Creative Commons License
本サイトのコンテンツは、 クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。