慶應オープンコースウェア
 

course_navi

Google

慶應義塾OCW>> コース一覧 >> 文学部 >> 近代日本人生成史 ―近代における移動・移住と日本人のアイデンティティ(2004春‐秋学期)

近代日本人生成史 ―近代における移動・移住と日本人のアイデンティティ(2004春‐秋学期)

【参考文献】

移民研究会編『日本の移民研究 -動向と目録』日外アソシエーツ、1994年
 日本における移民研究の動向と問題関心をまとめ、基本的な文献目録に解題をつけたもの。1992年9月までに出版されたものに限られるが、移民研究の基本ガイドブック。

前山隆『移民の日本回帰運動』日本放送出版協会、1982年
 ブラジル移民の生活戦略と、戦前の日本人社会の構造、日本への回帰運動との関わりを、長年の聞き取りと蒐集した文献資料とにもとづき、繊細かつ大胆に分析した好著。日本人移民研究を志す者の必読書。

国本伊代『ボリビアの「日本人村」』中央大学出版部、1989年
 戦後、日本政府により集団入植地として作り上げられていったボリビアのサンフアン移住地に関して、著者の長期にわたる現地調査の成果に基づき、その形成から現状、問題点、将来への展望まで含め描いた貴重な文献。

赤木妙子『海外移民ネットワークの研究 ペルー移住者の意識と生活』芙蓉書房出版、2000年
 福島県人の人脈形成と職業選択の具体的な事例を、日本側の原史料と当事者・家族への聞き取りによって詳細に再構成し、そこに生成される移住者の意識を析出した研究書。移民研究の新たな可能性が随所に示唆されている。

柳田利夫編著『リマの日系人 -ペルーにおける日系社会の多角的分析-』明石書店、1997年
 1995年の時点で40歳以上60歳未満の無作為抽出されたリマ在住日系人を対象に、さまざまな分野の研究者が共同で現地調査を行い、それぞれの方法によって分析を試みた総合調査報告書。リマの日系社会の構造が多角的に描かれている。

柳田利夫編著『ラテンアメリカの日系人 -国家とエスニシティー』慶應大学出版会、2002年
 日系社会がラテンアメリカ諸国の近代国民国家としての個別の歴史、社会展開のなかで、どのような位置を築き、どのように変容していったのかという基本テーマのもとに、7人の研究者がそれぞれ個別の事例研究を展開した論文集。

日本人ペルー移住史編纂委員会『日本人ペルー移住史』1969年
在ペルー日系人社会実態調査委員会『ペルー国における日系人社会』1969年
 移住80周年を記念して、日本側の公的資金援助を受けて刊行が予定されていた文献。前者は外務省外交史料館所蔵の原史料を駆使したレベルの高い概説書、後者は日系社会の全面的な協力を得て実施された実態調査の詳細な報告書となっている。

ペルー新報社『在ペルー邦人75年の歩み』ペルー新報社、1974年
 ペルー移住75周年を期に、ペルー唯一の邦字新聞社が刊行した、日本人ペルー移住史。日系社会の形成と変容とをさまざまな逸話を交えながら描き挙げている。事実誤認もあるが、現存しない資料も編纂に利用されており、ペルー日系社会のバイブル的存在となっている。

増田義郎・柳田利夫『ペルー 太平洋とアンデスの国』中央公論新社、1999年
 前半はペルー近代史を政治、経済、文化にわたり現代まで広く分かりやすくまとめ、後半は、戦後から現在にいたるペルー日系社会の再形成から現在までの変容について概説的にまとめた入門書。

尾塩尚『天界航路 -天野芳太郎とその時代』筑摩書房、1989年
 戦前は中南米を股にかけた実業家として、戦後はペルーにおける民間考古学者としてチャンカイ文化の研究で知られ、私財をなげうって天野博物館を開いた天野芳太郎の伝記。

東出誓一『涙のアディオス』彩流社、1981年(増補版1995年)
 呼び寄せ移民としてペルーに渡り、地方都市イカで成功した著者の自伝。前半で、戦前の日本人移民社会の日常的な姿が浮き彫りにされている。後半は北米への強制収容と戦後アメリカでの生活についての記述。

中武幹雄『奥アマゾンの日系人 -ペルー下りと悪魔の鉄道』鉱脈社、1998年
 ペルー、ボリビア、ブラジルにまたがる奥アマゾンに入っていった日本人たちの足跡を著者自らが丹念にたどり、その子孫たちとの出会いを通じて書き上げたドキュメンタリー。忘れられた移民たちの歴史を丹念に発掘、記録している。

柳田利夫著『ペルー日系人の20世紀』芙蓉書房出版、1999年9月
 103歳の一世から九歳の五世の少年まで、さまざまな世代の日系人百人が歩んだ人生を、聞き取りをもとにした生活史と、本人のポートレートとにより再構成した一般向けの読み物。ペルー日系社会の全体像が立体的に把握できる。

モンセ・ワトキンス『ひかげの日系人』彩流社、1994年
『夢のゆくえ』現代企画室、2000年
 日本で出稼ぎを続ける日系ラテンアメリカ人が直面しているさまざまな問題を扱ったドキュメンタリー。「ガイジン」であった著者は、日系人の心性にまで接近し、彼らの実態をレポートすることにより、日本社会が抱える問題点を巧みに浮かび上がらせている。


 

コーストップへ>>

慶應義塾OCW トップへ>>

Creative Commons License
本サイトのコンテンツは、 クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。