慶應義塾オープンコースウェア
Google

慶應義塾オープンコースウェアについて

オープンコースウェア 公開情報一覧|慶應OCW

講義ノート一覧→

講義ビデオ一覧→

【コース公開組織】

慶應OCW|文学部矢印

慶應OCW|経済学部矢印

慶應OCW|法学部矢印

慶應OCW|理工学部矢印

慶應OCW|国際センター矢印

慶應義塾大学

日本オープンコースウェアコンソーシアム 矢印

MIT OCW 矢印

OCW国際コンソーシアム 矢印

 

慶應義塾OCW >>復活!慶應義塾の名講義>>池井 名誉教授
 

復活!慶應義塾の名講義

150

【復活!慶應義塾の名講義】とは

創立150年記念の一環として、慶應義塾の発展に多大な貢献をされた教員の方に、慶應義塾があらためて感謝し、その意を表すために実施される講義です。
この講義に、その教員にかかわる塾員の方々(ゼミ・研究室OB・OGなど)や一般の方にご参加いただくことで、キャンパスに回帰していただき、慶應義塾の現状を体感していただいています。

ここでは、その内容を要約し、慶應義塾の講義に関心を持っていただいている多くの方々に知っていただきたく掲載を開始しました。

このページは第3回講義の池井 優 法学部名誉教授の「名講義」です。

バー

戦後日本外交の展開とスポーツ

池井 優 法学部名誉教授

【概要】

2006年3月18日(土)、三田キャンパス西校舎517番教室において、「戦後日本外交の展開とスポーツ」というタイトルで、池井優名誉教授による創立150年記念講義が行われました。
戦後60年を振り返り、スポーツが外交に果たす役割やその成果について、ユーモアあふれるエピソードも含めながらご講義いただきました。
当日は約400名の方が参加され、名誉教授の久しぶりに行われた講義に熱心に耳を傾けられていました。

池井名誉教授

RSSをiTunesにドラッグ&ドロップするとビデオポッドキャストが登録されます。

部分再生
概要
開催挨拶、講師紹介
はじめに、エピソードなど
外交に果たすスポーツの役割
占領下の日本スポーツ(1)
占領下の日本スポーツ(2)
冷戦下の日本外交とスポーツ
ポスト冷戦下の日本外交とスポーツ
結び

RSS

IE以外のブラウザでは一度ダウンロードしてから再生してください。

 

池井名誉教授略歴

池井名誉教授

池井 優(いけい まさる)
【略歴】
1935年1月生まれ
1959年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
1964年 コロンビア大学留学、1966年法学部大学院博士課程修了を経て、1972年法学部教授に就任
1994年 法学博士。2000年名誉教授
1973年 コロンビア大学客員準教授(1974年まで)
1981年 ミシガン大学客員教授(1982年まで)
2001年 青山学院大学国際政経学部教授(2003年まで)
現在、東洋英和女学院大学非常勤講師、日本国際政治学会幹事、日本スポーツ学会代表理事

【主要著書】
「白球太平洋を渡る-日米野球交流史」、「大リーグへの招待」、「決断と誤断-歴史に学ぶ国際交流」、「野球と日本人」、「三訂日本外交史概説」、「オリンピックの政治学」、「駐日アメリカ大使」、「一瞬に懸けたアスリートたち-スポーツ名語録」

 

 

 

バー

ご意見
 
慶應義塾OCW トップへ>>
 
Creative Commons License
本サイトのコンテンツは、 クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。